旧 のり部屋

前に使っていたブログです。

散り際も輝いていたいですね。 -日本人ボクサー 泣ける敗北-

   

Pocket

今日ね、こんな動画を見ました。

もうね・・・超感動です。
たくさん泣いてしまいました。

スポンサーリンク

日本人ボクサー 泣ける敗北 ~序章・全てのボクサーへ捧ぐ~

日本人ボクサー 泣ける敗北 ~序章・全てのボクサーへ捧ぐ~

内容は、ボクサーが負けたり、引退を決意する場面を集めた動画です。

内容だけ見ると全然面白くないはずなんだけど・・・深いんですよ。
負けるシーンなのになんでこんなに感動するんだろう。

勝つまでのドラマもあるんだけど、負けにもドラマがあって見ごたえがあります。

ここに出てくる人達は王者・チャンピオンだった人達で、辰吉丈太郎、長谷川穂積、内藤大助、具志堅用高、畑山隆則、徳山昌守、坂本博之・・・などが出てくる。

全員圧倒的な強さでチャンピオンになった人達。
勝利の階段を積み上げてきた人達も、必ず負けることになる。

どんなに強い人も、いつかは負けてしまう。

KOされるのなんてほんの一瞬。
1秒もないんだから。
その瞬間に意識が飛んだり、マットに倒れてたり・・・。

負けて、挑戦して負けて・・・自分の体と相談し引退してしまう。

栄光と挫折、引退は必ずセットということ。

長い長い道のりを走ってきても、終わるのも一瞬。

なんかね、この輝き方がとても強烈で、散り際や終わり方がとても儚いと思ってしまった。
それと同時に「こういう輝きかたしたいな」と思った。

どうすればそんな生き方が出来るのか?

自分なりに考えてみました。

ゴールを決める

これがないと始まらないですね。
まず栄光にしろ散り際にしろ輝くためには、彼らのようなステージに上がらないと話にならない。
そのステージ・・・ゴールはどこだろ?

ボクサーの場合、おそらく多くの人は「世界王者」「○階級制覇」「一番強い人間になる」などだと思います。
そのために「強くなる」というのが一番大事な事だと思う。

あなたのゴールはなんでしょう?

ゴールに向かう

「強くなる」というゴールが決まったとして、明日明後日で一番強くなれるはずがない。
とにかくほぼ毎日地道な練習をやっている。
これなんですよね。

地道にコツコツ。
さらに個人的に思うのは「量をこなす」ということ。
もっと正確に言うと「考える量を増やす」。
考えた量&動いた量。
これが絶対大事。

なんとしてでもあのステージへ

ゴールにたどり着くために、なんとしても行かなくてはならない。
このために色々な事を犠牲にしなくちゃならない。
さらに自分一人でも行くという事も考えないと。
とにかく何が何でもあの場所に行く。

最低でもこれをこなさないと

ここでようやく同じステージに立てるような気がする。

そのうえで色々な人に感動を与えられたり、心を動かすことができないといけないんだと思う。

さて、今いる場所からそのステージまではどれだけ距離があるだろう?

案外距離が短い?
果てしなく遠い?

距離は人それぞれだけど、そこに行くためにやることべき事がたくさんあるよね。

自分の事を振り返ってみて、まだまだ先だなと思った。
そのためにやるべき事も明確にして進んで行かなきゃならないんだね。

あんなふうに輝けるように。

にほんブログ村 音楽ブログへ

SNS

 - 考え, 色々

\ この情報を周りの人にも教える /
【MLピック】Music Lifeオリジナルピック 1枚50円! 高品質ウルテムピック! ウルテム ピック 50円 Music Life
PAGE TOP