旧 のり部屋

前に使っていたブログです。

スティーブ・ルカサー、かっこよすぎじゃないですかぃ?

   


Twitterでフォロワーさんの呟き&会話で色々な発見がありました。

事の発端(?)はこのツイート。

このリンクを見たらTOTOのYoutubeなんだけど、これがまた・・・ね!(動画は↓)

スポンサーリンク

TOTO – GREAT EXPECTATIONS

何も言わず再生ボタンを押すんです。
TOTO GREAT EXPECTATIONS . MUSIC 2015

「ん?つまらなくね?」
と思っても待つんです。 32秒まで!

はい、キター!!

このリフ、めっちゃカッコイイ!!!
いや~、たまらんです!

TOTO とは?

TOTOはバンドです。トイレメーカーじゃないです。

ざっくり説明すると、

1970年代にLAでスタジオミュージシャンやってた人達がバンド組んじゃった! ちょーすごーい!

です。 詳しくはwikiなどを見てね。(説明する気ない)

ちなみにこれを書いている2016年3月7日は、武道館でLIVEやってますね^^

ギタリストはスティーヴ・ルカサー。
Steve20Lukather02

僕はギター弾くのでこの人のプレイなど気になります。
なんせLAで最高峰のスタジオギタリストの一人だったから!
メンバー全員スゴイんだけど、この人はギター界でも重要な位置にいますね。

そんなバンドの曲です。
他にも色々と曲を教えてもらいました。

Toto – Running Out Of Time

Toto – Running Out Of Time


これは結構ロックなギターと不思議な雰囲気が合わさった曲ですね。

僕が感動したのは次に紹介する曲。

Toto – Orphan (Official Video)

Toto – Orphan (Official Video)

アメリカンロック&ポップスの王道のような曲。
TOTOの昔からのファンにはちょっと微妙にうつる曲かも。
どうやらこれはシングルのようで、TOTOを知らない人には聞きやすい曲かも。ラジオに流れても聴きやすい。

僕はこれくらいの軽さのアメリカンロック&ポップスが最近超好きです。

で、これを聞いた時に思ったのが

スティーブ・ルカサー、かっこよすぎじゃないですかぃ?

ということ。

派手なソロは弾いてない。

だけど、このバッキングですよ。
難しいかと言われると難しくないかもしれない。

でもね、ギターのバッキングの多彩さが曲を文字通り”彩っている”んですよね。

イントロ&サビのクリーンのアルペジオ(この時はコーラスもしているはず。)
Bメロのコードを弾くクランチ。
サビ後のAメロのディレイを絡めたバッキング。
間奏のクリーンカッティング。
ラストのメロソロ。

しっかりとギターでパートに色を与えて、
ディレイフレーズでアクセントをつけて、
フレーズがシンプルだけどカッコイイ。

なにより歌メロ・楽曲がしっかりと聞こえるバランス。

久々にTOTOを聞いて、ルカサーのギタープレイを聞いて感動しました。
さっきからずっとリピート再生です。

これらは「TOTO XIV~聖剣の絆 [Blu-spec CD2]」の曲とのこと。

TOTOカッコイイなぁ。 未だに衰える事のないTOTO凄すぎる。

これもオススメ!

TOTOを語るうえで個人的にこれは外せない!
だいぶ前の物なんだけど「25th Anniversary TOTO Live in Amsterdam」。
僕が持っているのはDVDで、もう今はDVDは無いのかな?

これをなんとなく買って、あまりにもカッコ良過ぎて何度も何度も見てました。
ベストアルバムかっていうくらい、大ヒット曲を詰め込みまくってるライブだと思います。 25年アニバーサリーだからだね。

Youtubeに最初のメドレーがありました。
Toto – 25th Anniversary, Live in Amsterdam (medley 1)

最初の「Girl goodbye」という曲のイントロでやられました。
TOTOは名曲も多いし、非常に勉強になるので、これをきっかけにたくさんの人がTOTOを好きになってくれれば嬉しいです!

にほんブログ村 音楽ブログへ

SNS

 - 音楽

\ この情報を周りの人にも教える /
【MLピック】Music Lifeオリジナルピック 1枚50円! 高品質ウルテムピック! ウルテム ピック 50円 Music Life
PAGE TOP