旧 のり部屋

前に使っていたブログです。

どんなに上手くてもオリジナリティがないのはつまらない。

   


00000000000000000000000

これは音楽の話で、あくまで自分の考え・見方。

ギターの動画をよく見ます。それはアマチュアだろうがプロだろうが色々。
最近色々な動画や何かを弾いているのを見る時の見方が変わってきた気がする。

「どんなに上手くてもオリジナリティがないのはつまらない。」

「オリジナルの部分が良いかどうか」

という部分だけをみている感じ。 音に関しては。
正確には他のももちろん見てるんだけど、ほとんどがこの部分。

スポンサーリンク

大事なことはたくさんある

ギタリストの良さって色々とあると思うんです。
リズムが良い、フレーズが良い、間が良い、弾いてる姿がカッコ良い、正確にコピーが出来てる・・・などなど。
人それぞれどこを重視するかはバラバラですよね。

自分も上記のような人が好き。 ・・・なんだけど、最近は「その人のフレーズ」「オリジナリティ」だけを見ている気がするんです。

他の部分はあんまり興味がない

オリジナリティ”だけ”とした場合、他の部分はどうでも良いのかと言われると、ひどすぎなければどうでも良いと思ってる。
例えばリズム感でもあまりにもグダグダだったら微妙だけど、少しのズレはあまり気にしない。 作品としてだったら気にするけど(笑)
でも、それ以上にオリジナリティなんですよね。

という考えの元には「合格レベルまでは反復練習で引き上げられる」という考えがあるんです。

時間をかけた反復練習でよくなるのとよくならないもの

「クリックにピッタリ」「縦のズレがない」というのは反復練習でどうにかなるんじゃないかと考えてるんですね。
時間をかければ絶対良くなる。
天才レベルの人が100点だとしてそこまでは行ける人と行けない人がいると思う。
でも、「聞いてて問題ないレベル」という合格レベルが80点だとした場合、そこまでは反復練習・時間をかければどうにかなる。
だからリズムに関して「クリックにピッタリ」「縦のズレがない」という項目に関しては今はダメでも練習次第では良くなる。

他に「誰々のフレーズをコピー」というのも時間をかければほとんどのことはできる気がするんですね。 本当に超人プレイもあるから全てと言えるかは分からないけど、やってる人もいるわけだから出来ないことはない。

逆に「反復練習でよくならないもの」っていうのも色々とあると思う。
その1つが「オリジナリティ」だと思うんですね。

オリジナリティ

もちろん色んな音楽をインプットしてアウトプットするっていう反復練習ではあるんだけど、作業的な反復練習とはまた違うなと。
みんな好きなアーティストがいると思うけど、その好きな理由って「上手い」とかもあるかもしれないけど「この人のオリジナル性が良い」と思ってるはず。この人のオリジナリティに共感してる。
自分も好きなミュージシャンを見ても、「上手い」だけを見ると有名なミュージシャンはみんな上手いんですよね。 みんなが上手いという中で「この人が好き」となるのは、「この人が弾くフレーズが好き」「その人のアイデアが好き」なんですね。
僕はあまり外見とかには引かれないので、その人の音だけを見ている気がします。

どんなに上手くてもオリジナリティがないのはつまらない。

だから「どんなに上手くてもオリジナリティがないのはつまらない」んです。

例えば、リズムが機械のように正確で超早く弾くことが出来てミスもしないという人がいたとする。 この人が弾いたのが「ドレミファソラシドを超絶早く弾く」というのだったら面白くはないと思うんです。
たしかにスゴイし場合によってはそれが最高の武器。だけどそれしか出来ないとしたら魅力的とは思えない。

また「コピーが上手い」とか「クリックにピッタリ」とかでもなくて。

どんなに歴が浅い人でもリズムとかは練習すれば上手くなるし今は気にしない。でもこの時点でオリジナリティが光ってれば「この人スゴイかも」となる。 
長年やっている人でもオリジナリティとかフレーズの構成とかが微妙だったら好きとはならない。

最終的に「その人の何か」を見たいし聞きたい。
これは音楽だけでなく、「人」にも言えますね。

にほんブログ村 音楽ブログへ

SNS

 - 考え ,

\ この情報を周りの人にも教える /
【MLピック】Music Lifeオリジナルピック 1枚50円! 高品質ウルテムピック! ウルテム ピック 50円 Music Life
PAGE TOP