旧 のり部屋

前に使っていたブログです。

「2年縛りに注意!」携帯機種変更の際は「携帯の残金」と「料金プラン」をしっかりと把握!

   

Pocket

携帯の機種変更の際に気を付ける事シリーズです。

最初は「ナンバーポータビリティ(MNP)の手続き と MNP予約番号の取得方法まとめ」について書きました。

次は

「2年縛り」

についてです。

ntt-docomo-softbank-mobile-kddi-au

スポンサーリンク

「2年縛り」

今回機種変更をする時に、気を付けてたけど勘違いで失敗したのが「2年縛り」。

「2年縛り」は料金形態によって発生します。

「このプランに入るとめっちゃ安くなるで。でも2年間入り続けてな。2年以内にやめると違約金発生するで。違約金高いで。」

という感じ。
なので機種変更をするときは2年縛りから解放されてから翌月までの間に機種変更・解約をするのが望ましい。

というのは多くの人が理解してると思います。

失敗

こんなミスをするのは僕だけかもしれませんが書きます。

2年縛りはずっと頭に入っていて理解していました。
が!勘違いしていて失敗!

DoCoMoの個人用のページMyDoCoMoを見ると使用している機種の下に「使用期間」というのが書かれています。
「4か月」とか「1年10カ月」とか。
これが晴れて「2年」となったから機種変更をしたわけです。

これで違約金発生しない^^

と思ったら、MNP予約番号取得の時にネットでやっててページが最後の方になると「いま機種変更するとこれだけお金がかかります」というのが表示された。

そこには「違約金」の文字と数字が・・・。

意味わからん。

違約金が発生しないようにこの時を待っていたのに。。

結局もう待てないと思い機種変更。 違約金も発生してしまったという。

これ何を勘違いしていたかというと
料金の2年縛り」と「携帯機種本体の残金
を勘違いしていたんです。

これもしかしたらDoCoMoの各々のページのMyDoCoMoの書き方かもしれないけど。

料金の2年縛り、携帯機種本体の残金

料金の2年縛り

料金のプランによって2年間は入り続けないといけない。
基本は現在の携帯会社に移った時から2年がスタートし、2年周期で自動更新となる。

携帯機種本体の残金

携帯の機種代金は機種変更などをした際にどう支払うかを決める事ができる。
一括で支払うのか、機種代金を月々の支払に上乗せするのか・・・1年(12カ月)or2年(24カ月)。
僕は2年(24カ月)にしました。
こっちの方が月々の負担が少ないから。

これですよ!この違いね!

普通は間違えないかもしれないけど・・・。

MyDoCoMoに見やすい位置に表示されてたのは「携帯機種本体の残金」で、この携帯を使い続けて「2年」たったよという証。

「違約金が発生しない」ではなく、単純に「機種代金は完済しましたよ」という意味。
これと本当の意味の「2年縛り」は別。

ちゃんと見るべきところは料金形態・料金プランの経過年数だったんですね。
ここが2年になってないと違約金が発生してしまうのだから。

完全に勘違いしていました。

まとめ

ちゃんと「料金プラン」の経過年数を見ましょう。
「機種代金の残額」も把握しましょう。
そして混同しないように気をつけましょう(笑)

ちなみに、機種代金を月々で支払っていた場合で、途中で機種変更する場合は変更時に残額を全て支払う事になります。
こっちはこっちで気を付けて下さいね♪


にほんブログ村 音楽ブログへ

SNS

 - iPhone, 機種変更 ,

\ この情報を周りの人にも教える /
【MLピック】Music Lifeオリジナルピック 1枚50円! 高品質ウルテムピック! ウルテム ピック 50円 Music Life
PAGE TOP